読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ikunaga Diary

ぼく、大きくなったら、お豆腐と結婚するー!(๑ᴖ◡ᴖ๑)

読書ログ(2017年2月分)

今月は3冊読みました。今後の創作のネタバレ回避のため、内1冊は紹介しません。でも本当に3冊読んだんだから! いやマジで!!


名月論『誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から』文芸社(2011)

医者や病院、治療や脳のこと、もっと知りたくありませんか? 「身近な医療」「脳外科の病気」「脳外科の治療」「医者とお金と医療制度」の4章立てで、若手現役脳神経外科医が医療と脳をわかりやすく語った一冊。

脳と医療の話……というと小難しいイメージがありますが、この本では「風邪とインフルエンザ」という身近な医療の話から始まります。途中、あまり聞き慣れない病気の話も出てきますが、専門用語も解説を交えながら書かれているので、思っていたよりも読みやすかったです。特に、治療の章では(図解が一切ないのに)手術の様子が鮮明にイメージできるほどでした。

後半は医者の給料や、医師不足問題(ちなみに本書では、不足が深刻化しているのは大病院の勤務医であることや、脳外科などの過酷な科は諸外国と比べてハイリスク・ローリターンで、希望する研修医が年々減っていることが指摘されている)や、救急車たらい回しの実情など、現代日本の医療問題について現役脳外科医の目線で書かれていて、とても読み応えがありました。

誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から

誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から


佐野洋子『ヨーコさんの“言葉” わけがわからん』講談社(2017)

100万回生きたねこ』で知られる絵本作家、佐野洋子さんのメッセージを伝えるNHKの人気番組『ヨーコさんの“言葉”』の書籍化第3弾

ヨーコさんの言葉は、とにかく奥が深い。心にスッと(時にはズシリと)染み込む。共感したり、ハッとさせられたり……。北村裕花さんの味のあるイラストも相まって、読んでいて心がぽかぽかしてきました。読み終えて数日経っているのですが、まだこんな月並みなことしか言えません。私にはまだ早すぎたかなー(笑)

ヨーコさんの“言葉” わけがわからん

ヨーコさんの“言葉” わけがわからん